命を救うために

AEDとは、不整脈を起こした人を助ける装置です。
不整脈は、心臓から血液が送られなくなる症状です。心臓が細かく震えている状況なので、電気ショックを与えると改善することができます。
AEDは、電気ショックを与えるための機械なのです。
AEDはデパートをはじめ、老人ホームなどの施設、学校などに設置されています。
もし身近にいる人が不整脈を起こして倒れたときは、AEDを使って救助をしましょう。
万が一のためにも、AEDの使い方を覚えておくとよいでしょう。
AEDは初めての人でも正確に使えるように、音声で順を追って指示を出してくれます。

心室細動を起こした不整脈は、救急車の到着を待ってからの手当では遅いことが分かっています。
そのため、学校や施設などにAEDが設置されているのです。
救急車を待っている間に、AEDを使って素早い人命救助を行いましょう。
心室細動で倒れている人を見つけたら、まずは救急車を要請します。
そして待っている間に、心臓マッサージと電気ショックを行いましょう。
心臓マッサージは顎を持ち上げて、軌道を確保してから行います。
鼻をつまみ口から息を吹き込みます。その時胸が膨らんでいるかを確認して下さい。
そしてAEDを使います。右の鎖骨の下と左わきの下にパットを貼り付けます。
AEDが自動で心電図の解析をするので、心臓マッサージを一旦止めて離れます。

自動解析後、電気ショックが必要な症状の場合は、音声で知らせてくれます。
充電が終わると、ボタンを押す指示が流れるので、それに従いボタンを押します。
その際は、感電しないために周囲の人は離れるようにしましょう。